桐朋学園小学校

桐朋だより

運動会に向けて③

「大なわ2020」

今年、桐朋学園小学校運動会初の種目として行われます。

各学年1・2組の合同チームで、跳べる回数を競います。

低学年は「なみ」跳び、中学年は「8の字」跳び、高学年は「ひょうたん」跳びに挑戦します。

 

今日の午後、体育館をのぞいてみると、6年生がちょうど大縄の練習をしている最中でした。ひょうたん跳びは、なわの両側から一度に2人が跳びます。二人の息を合わせるのはもちろん、回し手にも技術が必要とされます。

練習をすればするほど、楽しくなっていく部分もあることでしょう。10月4日の運動会に向けて、練習も残すところあと1週間です。

運動会に向けて②

4連休明け初日は、全校練習から始まりました。

本来ならばグラウンドに全学年が集まり、応援や体操の練習をする予定でしたが、

残念ながら今日は雨の一日。

三密を避けるために、テレビ放送で、応援団の人たちだけがカメラの前に集まる形で、練習を行いました。

エール交換の意味や応援をすることの大切さを共有する、貴重な時間になったと思います。

今週3日間はすっきりしない天気が続きますが、子どもたちも私たち教員も工夫をしながら、

運動会に向けての準備を進めていきます。

運動会の練習が始まっています

プログラムは、昨年と同様というわけにはいきませんが、それでも運動会に向けて、できることを一歩ずつ進めています。

3年生と4年生の合同演技となる「花笠おどり」。昨年の積み重ねがある4年生から3年生へ、踊り方を伝える授業がありました。2年目となる4年生は、伝えられることは全て伝えようと全力投球をしていました。3年生は初めての花笠おどりに張り切る気持ちに加え、4年生からの思いも重なって、熱心に練習に取り組む様子が見られました。

来週は、いよいよ運動会のリハーサルです。

「夢を語る先輩」

はやぶさ2で、星のかけらを採集するにはどうすればよいのか。

600人のチームで挑戦するプロジェクト。そのマネージャーである津田雄一さんが、

オンラインで、本校の4、5、6年生にお話をしてくださいました。津田さんは、桐朋高校の卒業生でもいらっしゃいます。

 

津田さんのお話の中で、プロジェクトを進めていくためには、「挑戦の心・あきらめない心を奨励する空気」が大切だという言葉が印象に残りました。

最後に、子どもたちからの質問にも丁寧に答えてくださり、宇宙への興味がより深まるきっかけになったと思います。

 

今年の12月、そのはやぶさ2で採集した小惑星「リュウグウ」のかけらが地球にやってきます。津田さんのお話を聞いたことで、その日を今まで以上に待ち遠しく感じている人もいることでしょう。どんな発見があるか、今後の研究からも目が離せません。

 

津田雄一さん、ありがとうございました。

命のあたたかさ

本館玄関前にある飼育小屋。
1年生も、グラウンドに行くときには、その飼育小屋の前を必ず通ります。
動物たちのことが気になっていた1年生も、いたことでしょう。

先週の木曜日、飼育動物の世話を担当している4年生が、1年生とペアになり、動物たちとふれ合う時間をとりました。1年生にとって、チャボを初めて抱く瞬間は、緊張する場面でもあります。隣に付き添う4年生は、最初からチャボを抱かせるのではなく、まずは自分が抱いてみて、ふれてみるように声をかけるところから始めます。1年生のペースに合わせて少しずつチャボとの距離を縮めていき、安心して抱けるように見守ります。最初は戸惑いを見せる1年生も、命のあたたかさを肌で感じて安心するのか、チャボを抱いてしばらくすると笑顔が見え始めます。動物たちとふれ合う中で、4年生と1年生の距離も縮まっていくひとときでした。

パートナーと一緒だからこそ

2学期が始まって、2週目。

ある教室の様子はというと、1年生と5年生が隣どうしで学習をしていました。

 

頼れる存在が隣にいることで、安心して学べる1年生。

先輩として、張り切って学ぶ5年生。

どちらの学年の子どもたちも、学ぶその姿勢は真剣そのものです。

 

学校という場だからこそできることが、まさにここにあります。

58期卒業制作「思い出の道」

桐朋学園小学校では、毎年6年生が「卒業制作」を作っています。卒業制作は学校のさまざまな場所に飾られ、私たちの生活の中に彩りを与えてくれています。

 

昨年度の6年生(58期)も、2020年1月の3学期から、卒業制作に取り組んでいました。新型コロナウイルスの影響により学校が休校となり、作品の完成まであと少しのところで、卒業となってしまいました。ですが、この夏、58期の卒業生たちが学校に集まり、作品の続きに取り組み、無事に完成を迎えることができました。

 

作品のタイトルは「思い出の道」です。今年国立に戻ってきた「赤い屋根の駅舎」と、「大学通りの夜景」をテーマにした作品です。

6年生の卒業制作委員会を中心に、2019年の1学期から、話し合いを重ねて進めてきました。まず初めに、6年生全員に場所についてのアンケートを行い、作品を飾る場所が「5・6年生教室へ向かう階段の壁」に決まりました。

そして、2学期に入り、どのようなテーマや素材で作品を作っていくのか、委員会で話し合いを深めていきました。その後6年生全員に「どのように作品を作っていくのか」アンケートを行った結果、58期の卒業制作は「半立体で、ドット絵の様になっているもの」が良いのではないかと、意見がまとまっていきました。「半立体」で「ドット絵」になっているもの作るために、卒業制作委員で試作を重ね、「つまようじ」を使った作品にすることが決まりました。そして、作品のテーマについても、国立に戻ってきた「赤い屋根の国立駅」、そして「大学通りのある風景」にしてはどうかと、委員会での話し合いをもとに、まとまっていきました。

3学期に入り、各クラスチームごとに分かれて、卒業制作に取り組みました。完成図をもとに、たくさんの色のついたつまようじを作ることから始まりました。多いときには、一チームで2000本近いつまようじに色をつけることもありました。その色のついたつまようじを、1本1本丁寧にさしながら、絵を作っていきました。

 

この作品では、7万本~10万本近いつまようじが使われています。「思い出の道」の前を通るたびに、一つ一つ粘り強く、作品をていねいに作る58期の姿を思い出すことになるでしょう。

月曜朝礼 校長片岡先生の話

「大気の川」

 

例年よりも一週間早く二学期が始まっている今年の事情からすれば、当然と言えば当然なのですが、例年以上に猛烈な残暑の中での学校生活はなかなか大変ですね。明日からは9月に入りますが、これを境に少しでも暑さが和らいでくれたらいいですね。

昔から、よく晴れた夏の午後から夕方にかけて、急に入道雲(積乱雲)がわいて一時間ばかりの雨が降り、ちょっと気温が下がることがあります。一般的にはこれを「夕立」と言いますね。激しい降りに、目の前の視界がさえぎられるような状態になることがあるので、「白雨」と言ったりします。雨だけでなく、雷を伴うような場合には、雷を神様に見立てて「神立(かんだち)」とも呼ぶのだそうです。

夕立が起こる原因は、夏の強い日差しで地面付近の水蒸気を含んだ空気があたためられて、上空との温度差によって上昇気流が起こることで、積乱雲が形成されることにあります。積乱雲の水蒸気が上空で冷やされることで水滴となり、雨が降ります。でも、積乱雲はたいてい一時間ほどで消えてしまうので、雨はそう長くは続きません。地上に降った雨は蒸発する時に周囲の熱を吸収するので、打ち水のような効果が生まれて、夕立の後は涼しく感じられるというわけです。

でも、最近はあまり夕立という言葉を聞きません。先週の中ごろは東京でもしばしば「ゲリラ豪雨」が発生したというニュースがさかんに報じられていました。「ゲリラ豪雨」も夕立も、発生するメカニズムは一緒です。現代の都市は、温暖化の影響に加えて、自動車の排気ガスやエアコンの室外機の熱などの影響で、午後に限らず気温が高い状態が生まれがちです。これを「ヒートアイランド現象」と言います。ですから、本来なら積乱雲が発生しにくいはずの午前中であっても、突然、激しい雨が降ることがあるのです。いつ、どこで降るか予測がつかないということで、マスコミが「ゲリラ戦」に例えてその名をつけたようです。先生は、血なまぐさい戦場を連想させる「ゲリラ豪雨」という呼び方が好きではありません。気象庁も、正式には「局地的豪雨」というような表現を使っていますが、「夕立」のような風情を感じさせる言葉が新たに生まれるといいですね。

さて、そろそろ台風のシーズンです。年々、日本にやってくる台風の大型化が指摘されていますが、今年も風雨による大きな被害が心配されます。夕立とは違って、激しい雨が同じ地域にまる一日、あるいはそれ以上に降り続くことで、記録的な雨量が計測されることになります。そうしたケースでは、「線状降水帯」という言葉がよく使われます。これは、水蒸気を多く含んだ積乱雲があたかも大きな川のように連なって、ある地域の上空に次々に流れ込んでくることを指します。上空に、大きな川が流れているかのような状況ですから、「大気の川」という言い方もあります。

7月の初めに、熊本県の球磨川流域を中心に集中豪雨による災害が起きたことは、テレビ朝礼でもお話ししましたね。名古屋大学の坪木教授によると、この時、熊本の人吉盆地に入り込んできた「大気の川」は、長さが400kmに及び、3日の夜から4日にかけて、人吉盆地の上空の空気は1㎡あたり70㎏もの水蒸気を含んでいたというのです(7月11日東京新聞)。ちょっとピンとこない人のために違う数字を示しましょう。この時九州に流れ込んだ「大気の川」の水蒸気量は毎秒50万tと計算されます。ブラジルのアマゾン川を流れる水量は河口あたりでおよそ毎秒20万t、ということは、アマゾン川の2倍をゆうに超える大きな川が、人吉盆地の上空に流れていたという計算になります。

激しい雨が降る時、空を見上げてそこに川が流れている様子を思い浮かべるのは、なかなか難しいかも知れません。「大気の川」は、決して風情を感じさせる言葉ではありませんが、自然界が持っている力のものすごいスケールを感じさせます。

2学期始業日

8月24日、2学期の始業日を迎えました。
子どもたちの元気な声が、校舎内の雰囲気を明るくしてくれています。

セミの鳴き声とともに再開した学校生活、4ヶ月のあまりの2学期がみんなにとって充実した毎日になりますように。

残暑お見舞い申し上げます

2007年以来の、8月の梅雨明けとなった東京。

7月はどんよりとしたお天気が多かったですが、8月に入った途端、最高気温が30度を超える日々が続いています。夏休みに入って2週間が経ちましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。ニュースでも毎日のように「熱中症」という言葉を耳にします。くれぐれも気をつけてくださいね。

 

夏休みに入り、学校はがらんとした様子になっていますが、飼育当番の4年生や稲当番の5年生が、交代で学校に来てくれています。動物たちは、暑さに負けることなく元気いっぱいに過ごしています。田んぼに植えた稲やバケツ稲も、日々生長しているようです。

 

2学期の始業日に登校したときに、学校の中で変化している場所がいろいろあるかもしれません。ぜひ探してみてください。

 

残り1週間あまりとなった夏休み、元気に過ごしてくださいね。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!