桐朋学園小学校

桐朋だより

さあ、本番へ 運動会リハーサル

先週末に運動会のリハーサルがありました。

リハーサルでは、本番で使う中高グラウンドでの位置や、当日の動き、係の仕事について確認しました。

どれも大切なことですが、特に5・6年生の係の子どもたちの仕事の確認は大切です。

なぜなら桐朋学園小学校の運動会は、係の子どもたちによって支えられているからです。

ラインをひき道具の準備をすること、放送をすること、得点をつけることなど、様々な役割があります。

それは目に見えるものだけでなく、一見して目立たないものもあります。

でも、そのひとつひとつの役割で、運動会が支えられます。

日曜日に応援に来てくださる保護者の方も大勢いらっしゃることでしょう。

子どもたちは運動会本番、競技、演技ともに、それまでの努力の成果を実らせるでしょう。

心からの拍手をお願いします。

そしてぜひ、それぞれの役割に汗を流す5・6年生の姿にも注目していただきたいと思います。

彼らの働きもまた、私たち桐朋学園小学校の運動会の見どころなのです。

どうか晴れますように!

子どもたちが撮る風景 写真部

今日の写真は、写真部の子どもたちが撮りました。

ありがとう。

コメントも子どもたちが考えました。

毎週水曜日はクラブ活動をしています。

6年生が作ったたくさんのクラブのなかから、自分が入るクラブを決めます。

図工室の応用物理研究部は、新しく面白いものを開発中。

先生にアドバイスをもらい、好きなものを作ったり、時には協力し合って全員で良い作品を目指します。

思わず笑ってしまうような作品ができることも。

ヒヨコも写真に写りたいのでしょうか。

これはテニス部。

テニス部は、3年生グラウンドや、中学・高校のテニスコートで活動しています。

この写真は中学・高校のテニスコートでの一枚です。

この写真は飼育小屋でとった写真です。

2017年5月にヤギが学校にきました。

「さつき」という名前がつき、愛されているヤギです。

さつきはとにかく「くいしん坊」。

もふもふのさつきをさわってみてはいかがでしょうか。

これは38期生が作った卒業制作「2000年ボックス」の中のひとつです。

この作品は、ねん土で作った様々なものがつめられています。

迷路にもなっています。ぜひ、探してみてください!

正門を入ってすぐにむかえてくれる木。

この木は新館ができるときに植えられた木です。

この木が学校についたときにむかえてくれます。

遊びの風景

学びの風景に引き続いて、今度は子どもたちの遊ぶ姿です。

この日は朝から運動会の全校練習があり、いつも以上に体を動かすことの多い1日でした。

運動会の練習も佳境にさしかかっています。

子どもたちも疲れがたまっているかもしれない。

そんなふうに思いながら、昼休みのグラウンドや中庭を回りました。

そこには、歓声をあげながら遊ぶ、いつもの子どもたちの姿がありました。

その表情のまっすぐな爽快さ。

見ているこちらまで思わず笑顔になる、そんな子どもたちの表情にたくさん出会うことができました。

子どもたちを元気づけたいと思っていましたが、気が付くと元気づけられたのは私のほうでした。

(9月26日)

学びの風景

来月の6日にせまった運動会に向け、特設時間割の期間になっています。

毎日1時間は運動会の練習があります。

今日の午前中は特にお天気がよく、汗をぬぐう姿がたくさん見られました。

それ以外の時間はいつも通りの学習です。

今日は、そんないつもの学習の光景をのせたいと思います。

体も頭も、そして心も動かして、子どもたちは日々学んでいます。(9月24日)

手と手をとりあって 1・5年生 フォークダンス

本館1階の廊下に囲まれたホールから、にぎやかな声が聞こえてきました。

扉をそっと開けてのぞいてみると…

中では5年生が1年生に運動会で踊るフォークダンスを教えていました。

大好きなお兄さんお姉さんに教わっている1年生はもちろん、教えている5年生もうれしそう。

それはそれは優しい風景でした。

 

フォークダンスは運動会の閉会式の前のプログラムです。

清々しく競い合った赤と白が一緒になって、さらにそこに保護者と教員も加わり、桐朋学園小学校のみんなで踊ります。

今からそれが楽しみです。

保護者のみなさまの大勢の参加をお待ちしています。

学びが色鮮やかにするもの

4年生の社会科と5年生の理科の授業の様子です。

4年生は校内にある4種類の防火設備について調べ、グループごとの調査の結果をまとめています。

5年生は、太陽高度計を自作し、それを使って秋の太陽の高度の変化を調べます。

校内の防火設備や太陽の高さは、今までも目にしてきました。

ですが、おそらくそれを気にする人は少なかったのではないでしょうか。

学びを通して、子どもたちは日常を捉え直します。

そこに発見や驚き、問いが生まれます。

日常の風景が、好奇心によって色鮮やかになっていきます。

子どもたちの真剣なまなざしが、それを物語っています。

トラの恩がえし 演劇鑑賞教室

400人以上の児童が入った満員の講堂に、大きな歓声が響きます。

今日は演劇鑑賞教室。

オペレッタ劇団ともしびの方が、「トラの恩がえし」という韓国・朝鮮の民話をもとにしたお話を演じてくれました。

歌を使って演じるオペレッタ。

普段見慣れないたくさんの楽器から、軽快な音色が響き、さらに歌声が重なっていきます。

時にコミカルな動きやセリフがあり、ひきこまれればひきこまれるほど、驚きの声や思わず笑ってしまう声が止まりませんでした。

 

1時間をゆうに越える上演時間でしたが、あっという間でしたね。

 

肝心の物語。

最後は考えさせられました。

私が木こりだったら、最後の場面でトラをどうしたでしょうか。

みんなが木こりだったら、どうしましたか?

 

見終わった後に、みんなにそれを聞きたくなる、そんなお話でした。

ともに高めあう 5・6年生 ソーラン伝授

高学年でも運動会に向けたソーランの踊りを、6年生から5年生に伝える時間がありました。

ニシン漁をモチーフにしたソーランの動き。

身体を大きく動かし、勇壮な力強さを表します。

6年生は汗をかきながら、一生懸命に5年生にそれを伝えます。

その横顔を見ていると、今は中学生となった昨年の6年生の姿を思い出しました。

ひょっとしたら6年生も、昨年、自分に教えてくれた人のことを思い出していたかもしれません。

今年もまた、伝統のソーランを5年生・6年生で踊ります。

がんばれ、5年生、6年生。

おどりの動きと心を伝える 3・4年生

「ここが難しいから、よく見ていてね。」

体育館では、運動会に3・4年生がおどる花笠おどりの練習が行われていました。

今日は昨年も練習を積み重ねた4年生が、3年生におどりを教える日です。

教えてもらう3年生はもちろん、教える4年生も一生懸命。

「声を出すことも大切だから。」

動きはもちろん、気持ちも伝えていきます。

おどりの美しさは、息と心が合い、動きが合うことで表されるのだと思います。

その第一歩となる今日の練習でした。

ものづくりの現場を知る 5年生 社会科見学

5年生は工業の現場を知る社会科見学に出かけました。

1日で2つの工場を見学します。

 

午前中は日野自動車羽村工場。

自動車を作るために、大型の機械がダイナミックに動く様子が見られました。

でも、人が手作業で行う部分も思った以上に多くあることが分かりました。

 

午後はコカ・コーラ多摩工場へ。

大迫力の自動車工場とうって変わって、ほとんど内容物が見えない整然とした工場でした。

口に入れる食品を扱う工場が、いかに清潔であることを追求していることが分かりました。

 

2つの工場を見ることで、それぞれの特徴が浮かび上がりました。

(9月5日)

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ