桐朋学園小学校

桐朋だより

創りあげた表現 発表会後半

発表会後半。

5年生は2クラスとも、自分たちで台本づくりから始める創作劇に挑戦しました。

 

1組は「鈴のなる時 ~人々の命を思う優しい心から平和が生まれていく~」。

谷保に今もある南養寺に、戦時中、区内から疎開してきていた小学生がいたという史実をもとに、物語が進みます。

現代と過去が折り重なりながらすすむ重厚な物語。

お話の鍵となるのは、さつきを思わせるスズです。

スズの動きの表現には驚かされました。

平和をテーマにした劇を子どもたちが作ったことを誇らしく思います。

 

2組は「3人のゼツメツ少年 ~ぼくたち今から居場所をさがします~」。

重松清さんの原作をもとに、子どもたちが編んだ物語。

どこかで見たような教室風景から舞台は始まります。

自分の「居場所」というテーマは、子どもたちにも私たちにも考えさせるテーマでした。

主人公たちの口にする「居場所」。

物語の途中で、その意味が変わったことに気づいたとき、大きな勇気をもらいました。

 

舞台にあがり演技をする役者だけでなく、照明や音響、演出も子どもたちが務めました。

すばらしい創作劇でした。

表現を楽しむ 発表会 前半

先週の金曜日・土曜日は、1・3・5年生の劇の発表会でした。

 

1年1組は げきあそび「ふしぎな森」。

劇のなかで動物にふんした子どもたちが、大きな折り紙を力を合わせて折っていきます。

本番の緊張のなかで折り紙を折ることは、きっと簡単ではなかったでしょう。

でも、動物たちが思い思いのものを楽しく折って創り出す雰囲気がとってもよく伝わってきましたよ。

歌・楽器のみんなも素敵でした。

 

1年2組は げきあそび「1年2くみのあいうえおげきじょう」。

まさに会場が劇場になりました。

あ・い・う・え・お、それぞれのグループ、お客さんの5人組、そして「ん」。

みんなが役割を考えながら、アイデアをいっぱい披露していましたね。

大きな手拍子と笑顔が生まれました。

 

3年1組は 劇「金のガチョウ」。

初めに出てくるハンスの家族のいやなこといやなこと。

普段はとってもやさしいみんなが、あの感じを出すには、きっと苦労があったんだろうなあと思いました。

行列が会場に来たときは、その愉快な様子に、思わずついていきそうになっていた子もいましたね。

演技をしているみんなが楽しんでいることが伝わってきました。

 

3年2組は 劇「だるまさんは転ばない?」。

初めの場面。

大きな模造紙を破ってだるまさんが出てきたときは、思わずのけぞりそうになりました。

まさかだるま王国があるなんて。

思いもよらない展開でしたが、遊ぶみんなの姿がとっても自然だったので、劇にひきこまれました。

「だるまさまは輝いている」。なるほど、これも言いやすい。

スポーツ祭で汗をかこう

今週から体育委員の子どもたちが体育館でスポーツ祭を開催しています。

休み時間ごとに、大勢の子たちが、体育委員の考えたオリジナルの種目にいどんでいます。

誰でもできる種目ですが、高得点をねらうにはなかなか難しい。

よく練られています。

ちなみに私はフリスビーフライトで10点をとりました。

次は何に挑戦しようかな。

今週金曜日まで開催されています。

体育館で会いましょう。

おめでとう ありがとう 2年生

2年生では1年にわたって、おたんじょう会をします。

2年1組では今年最後のおたんじょう会が、今日開かれました。

きれいにかざられた教室をのぞくと、祝われている子どもたちが、8歳の抱負を話しているところでした。

「やさしい8歳になりたいです。」

すると、見ているクラスメイトがこたえました。

「もうなっているよ。」

なんと素敵な言葉でしょうか。

もう、やさしい8歳になれているんですって。

 

8年前にみんなが生まれてきて、こうして会うことができてうれしいです。

おめでとう。

発表会1日目のお昼休み

今日は1・3・5年生による劇の発表会。

この日のためにたくさん練習してきた成果を、舞台の上で6クラスとも一生懸命に披露しました。

みんな、とっても緊張していました。

お昼の少し前に、今日の発表会は無事に終わりました。

お昼休みには、舞台の上での緊張の表情とは大違いの、のびのびとした笑顔のみんなに会うことができました。

「今日、どうだった?」

聞いてみると

「緊張した!」

「終わってほっとした。」

「最高だった!」

「楽しかった。」

「すごくどきどきした!」

口々に感想が出てきます。

 

発表会は明日もあります。

心からの達成感を得られるような、そんな1日になりますように。

飼育活動の引き継ぎ 3年生・4年生

4年生が1年間努めてきた飼育活動を、3年生に伝える引き継ぎが行われました。

チャボとにわとりのリオ、それにヤギのさつき。

それぞれのお世話の仕方を丁寧に、工夫しながら伝えました。

具体的なやり方だけでなく、子どもたちが1年間活動する中で学んだ心構えも伝えました。

「動物との信らい関係」

とても大切なことです。

このあと、3年生と4年生がいっしょに飼育活動をする期間を経て、4月からは新しい4年生が動物のお世話を始めます。

4年生、きっと君たちなら、3年生にきちんと大切なことを伝えられるでしょう。

3年生、4年生からしっかりと動物のことを学んでください。

イノーベーターに出会う 後半 4年生

4年生社会科は「イノベーターに出会う」授業の後半。

2回の授業で4人の社会をより良くしようとする大人に出会いました。

 

藤原理奈さんは、自分が幼少から親しんだバレエ、ダンスのすばらしさをより広めるため、ダンサーを支える会社を経営する若き社長です。

昆虫食を広めるために様々な活動をしている「地球少年」篠原祐太さん。

はじめは驚いていた子どもたち。でも、丁寧に情熱的に語る姿に、子どもたちもひきこまれていきました。

自分の「好き」を大切にし、それを追い求め、仕事とした2人の姿に、子どもたちも自分の「好き」を思い浮かべていたようです。

「台所探検家」岡根谷実里さんは、世界各国の台所に入り、家庭料理を習うことから文化や歴史を学び、日本の人々に紹介する活動をしています。

その目的は、国々の食から、多様性と同時に普遍性を見出すことで、互いの理解を深めることにあるように感じました。

川岸亮造さんは、OFICCE DE YASAIというサービスを展開する会社を経営しています。

新鮮な野菜や果物を食べやすいパッケージにし、オフィスに運びます。

働く人が健康的な食生活を送ることで、社会が活発になることを目指しています。

「2人とも「食」に関することだ」という意見が子どもから出されました。

そして、「人を幸せにしようとしていることもいっしょだ」という意見も。

 

ああ、納得です。

3回の授業で、6人の社会をより良くしようとする大人と子どもたちは出会いました。

事業、活動は様々でしたが、その先に、「人々の幸せ」があることは共通だったように思います。

この授業をヒントに、子どもたちも「社会をより良くするアイデア」を考えます。

「社会をより良くするとは?」その問いから始めましょう。

発表会に向けて 1・3・5年生

来週の金曜日・土曜日は、いよいよ発表会本番です。

劇を上演する1・3・5年生は、一生懸命に練習を重ねています。

今日はリハーサル。

どのクラスもがんばっていましたが、ここから一週間で、きっとさらによい劇に仕上がっていくのでしょう。

とても楽しみです。

写真は少し前の練習の光景です。

地域別グループの集まり 集団下校

広い地域から子どもたちが通う本校には、通学の経路ごとの18のグループがあります。

今日はその地域ごとのグループでの話し合いと集団下校の日でした。

1年生から6年生まで縦割りでグループに分かれていきます。

まずは話し合い。

普段の登下校路で気になることや、歩き方など気にしなければいけないことについて、意見を出し合います。

今回は、雪の日に注意しなくてはならないことが、どのグループでも挙げられたようです。

 

その後は集団下校。

クラブ活動が控えている5・6年生のかわりに、4年生がグループのリーダーとして、先頭を歩いて帰路につきます。

ちょっと緊張しているけれど、いつもよりりりしい顔つきで、4年生が下級生を連れ学校を出発していきました。

 

登下校路は公共の場です。

ふさわしいふるまいについて、これからも考える機会をもっていきます。

イノベーターに出会う 4年生

4年生社会科では、郷土の発展につくした人として、多摩川上水をひいた玉川兄弟について学びました。

この日の授業では、今、社会をよりよくしようとしている現代の玉川兄弟として、若き起業家である井上雄介さん、須知高匡さんを招き、ご自身の事業と目指す社会についてお話をしてもらいました。

井上さんは、ダチョウが作る抗体を食品に添加することで花粉症などを減らしていくことを目指しています。

また、冬に目の当たりにしたインドの貧困を解決するため、新たにテーラーメイドのスーツを作る会社も立ち上げました。

須知さんは、より快適で安全な交通手段として、自走型のロープウェーの開発をしています。

さらに、最大の目標として、宇宙エレベーターの開発を挙げています。

 

夢のようなことを、しっかり現実に手繰り寄せようと、ひたむきに楽しそうに努力している大人の話は、子どもたちにどう響いたでしょうか。

「私たちひとりひとりには、社会をよくしていく力がある」そんな実感を少しでも持てたならうれしいです。

現代の玉川兄弟に出会う学習は、来週も続きます。(1月29日)

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ