桐朋学園小学校

桐朋だより

みんなの作品展㉝

桐朋学園小学校のみなさんが送ってくれた作品展を開催します。今回は第33回目です。
作品のタイトル、がんばったところ、作品に込めた思い、作り方なども合わせて紹介します。
(何作品か送ってくれた皆さん、ありがとう。たくさんの人が作品を送ってくれているため、
まずは1人1作品ずつ紹介したいと思います。)

1、「パイレーツオブカリビアンの世界」(1年生)
大好きなパイレーツオブカリビアンをイメージして作りました。
大きな段ボールに色を塗るのが大変でした。
クラーケンの渦巻きなども描いたので見てほしいです。
タコ糸を使って、ブラックパール号と繋げたりしてリアルにしてみました。
(材料:段ボール、絵の具、タコ糸、レゴ)

2、「ネコ」(1年生)
私の持っているネコのぬいぐるみと、同じくらいかわいいネコを
紙粘土で作ってみようと思って、作りました。
紙粘土の表面をなめらかにするところが難しかったですが、がんばりました。
顔と前足をかわいくしたので、顔と前足を見てほしいです。
【材料】紙粘土、絵の具、ニス
【作り方】紙粘土でネコの形を作り、絵の具で色を塗って、仕上げにニスを塗りました。

3、「ひっかき絵 レゴ ネックスナイツ」(4年生)
・思ったこと…立体的に書くことが出来るか心配だったが、思ったよりも上手に出来た。
・作り方…画用紙を虹色に塗り、それを黒で塗りつぶす。竹串でひっかくだけで簡単に出来る!!
・材料…画用紙、クレヨン(黒多め)、竹串、モデル

4、「バレリーナ」(4年生)
家にあった布や毛糸、リボンを使って作りました。
こんなに長い間の外出自粛なんてもう耐えきれない気持ちだけれど、
早くコロナが終息に向かって学校が始まってほしいので、家で過ごしています。

5、「小銭仕分け機」(5年生)
この作品は小銭の大きさごとに落ちる穴を作ってそれぞれの小銭が仕分けられる仕組みです。小銭が通る道を丁寧に作ることに注意をはらいました。
小銭が通る道を作るのに苦戦しましたが、小銭の受け皿の位置が、小銭の落下する場所と上手く合致したのがとてもうれしかったです。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!