桐朋学園小学校

桐朋だより

みんなの作品展⑱

桐朋学園小学校のみなさんが送ってくれた作品展を開催します。今回は第18回目です。
作品のタイトル、がんばったところ、作品に込めた思い、作り方なども合わせて紹介します。
(何作品か送ってくれた皆さん、ありがとう。たくさんの人が作品を送ってくれているため、まずは1人1作品ずつ紹介したいと思います。)

1、「ペンダントとおはなイヤリング」(1年生)
ママといっしょにつくったペンダントです。
おはなイヤリングは、せっちゃくざいでおはなをつけることをがんばりました。

2、「ペットボトルの風車」(1年生)
家にあるもので何かを作ろうと思ったので、工作に使えそうなペットボトルを使って家で楽しめるものを作ろうと風車を作りました。少し硬いペットボトルを滑らかにお花の花びらのように切るところが難しかったです。家の中の換気をする機会が増えたので、風を利用して遊べるものを作りました。
材料は、ペットボトル、はさみ、カッター、針金ハンガー、穴を開けるもの、ペンチを使いました。初めて使うものもあったので大変でしたが、とても上手にできました。

3、「清水寺」(4年生)
これはナノブロックで作った清水寺です。6090ピースあります。
ナノブロックとはレゴより小さい世界最小のブロックで、縦×横×高さが4×4×5㎜です。見どころは、一番作るのが大変だった舞台を支える柱です。

4、「小鳥」(4年生)

5、「深海のお魚」(1年生)
白い画用紙にたくさんの色のクレヨンを塗り、その上から黒いクレヨンを重ねて、竹串で削りました。お魚は絵具で描きました。
画用紙一面にクレヨンを塗ったところと、尾びれにビーズを貼ったところをがんばりました。
(材料:画用紙、クレヨン、絵具、竹串)

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!