桐朋学園小学校

桐朋だより

海に挑む 6年生臨海学校②

臨海学校3日目。いよいよ遠泳本番です。

6年生はこの遠泳にむけ、5月から練習を重ねてきました。

 

遠泳が始まりました。

おだやかに見えても、見た目では分からない潮の流れがあり、なかなか思うように進むことができません。

でも、それこそが自然に挑むということです。

大海原を、自分の身だけで泳ぐこと。それは簡単なことではありません。

 

でも、彼らはひとりではありません。

となりを見れば、これまでの練習を支え合ってきたバディと目が合います。

顔をあげれば、白い帽子がまっすぐの列になっています。

自分が隊列の一員として、みんなで泳いでいることが確認できます。

「エーンヤコーラ!」

浜から応援の声が届きます。

浜で待つ子どもたちが肩を組み、泳いでいるグループに声と気持ちを懸命に届けます。

 

初日。しょっぱさになかなか泳ぐことが出来なかった子もいました。

なんとか泳げても、周りとペースを合わせることが出来なかった子もいました。

口に出せない不安を抱えていた子は、きっとたくさんいたことでしょう。

でも、そのみんなが、まっすぐの隊列となり、青空と青い海の間で、顔を上下させ懸命に泳いでいます。

声をかけると、笑顔で応えてくれました。

水平線や、行先に見える山の稜線の景色を見る余裕のある子たちもいます。

海に挑むことで、海と周りの仲間が子どもたちを成長させました。

 

海に挑戦した子どもたち全員が、それを達成することができました。

よくがんばったね。

一所懸命な姿は、とてもほこらしかった。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!