桐朋学園小学校

桐朋だより

海と出会う 6年生臨海学校①

6年生は7月15日から18日まで、千葉の岩井海岸で臨海学校を行いました。

初日は避難訓練です。

まずは宿から避難場所である体育館までの道のりを確認しました。

次は海での避難訓練。

笛の合図で、一斉に練習を止め浜にあがります。

練習にしっかり集中するための大切な準備です。

 

宿から海までは道幅の狭い路地を通っていきます。

緩やかな坂道を登っていくと、目の前に海があらわれます。

なだらかな水平線が青い海と青い空をまっすぐに分けます。

何度おとずれてみても、初日に見るこの景色は息をのみます。

それは子どもたちのやる気を喚起します。

と同時に、不安を抱く子どももいるでしょう。

すべての子どもたちの様々な気持ちを静かに受け止めるような、今年は波の少ないおだやかな海でした。

 

2日目は本格的な泳ぎの練習です。

8つのグループに分かれ、それぞれに2人ずつ教員がつき、海での泳ぎの練習をします。

ただ泳げばいいというものではありません。

ともに泳ぐバディと息を合わせ、隊列を意識して泳ぐのです。

初めは海のしょっぱさに苦戦していた子どもたちも、お互いに声をかけあい、海で泳ぐことに慣れていきました。

 

夜に子どもたちが中心となり、ミーティングを行いました。

さあ、明日はいよいよ、遠泳です。

 

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!