桐朋学園小学校

桐朋だより

演じ、伝えること 発表会 後編

発表会、いよいよ5年生の出番です。

5年生は、両クラスとも創作劇。

自分たちで台本を書きました。

それだけでなく、演出、照明、音響も自ら行います。

 

1組は「不思議な裁判~鬼と四人の子どもたち~」。

彼らの演じる先生たちの恐いこと恐いこと。

あんな先生にはなりたくないと心から思いました。

力でおさえつけてくる先生たちに、力でやり返すのではない方法を考えるシーンが印象的でした。

先生と鬼、子どもたちとの裁判に、最後に現れた桃太郎に、会場は興奮に包まれました。

鬼と桃太郎は素敵な関係を築いていたのですね。

そういえば、もとの先生はどこへ行ってしまったんだろう。

 

2組は「忘れ去られた君とぼく~大切なもの~」。

不思議な話のはじまりから、中盤で話が急展開を見せます。

まさか主人公が、周りの友人だけでなく、家族からも見えない存在になるなんて。

見ていた低学年から悲鳴が聞こえてきました。

実は私も舞台袖で悲鳴をあげました。だって怖かったんですもの。

でも、舞台上の子どもたちは怖さに立ち向かっていきます。

そして最後には心が温められました。

なんて怖くて、なんて優しい話だったでしょうか。

 

保護者のみなさまには、急なお願いにご協力いただきました。

ありがとうございました。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!