桐朋学園小学校

桐朋だより

みんなへ

突然の3学期の修了日から、明日で1週間になります。

みんなは、この1週間をどんな気持ちで、どんなふうに過ごしていたのでしょうか。

私たち教員は、突然の休校への対応で、みんながばたばたとあわただしく忙しく働いていた1週間でした。

もしかしたら、わざと忙しくふるまっていたのかもしれません。

そうでもないと、強い気持ちが押し寄せてくるからです。

週のはじめの朝、いつも通りにチャイムが鳴りました。

それを聞いたある先生が、言いました。

「このチャイムが聞こえたら、外に出て、『体操だよ。並びましょう。』って子どもたちに声をかけるんですよね。」

その先生は、みんなのいないグラウンドを見て、寂しそうに言いました。

「チャイム、切りませんか?子どもたちのことを考えてしまいます。」

私はわざとチャイムのスイッチを切っていませんでした。

なるべく、いつもの通りの学校にしていたかったからです。

でも、チャイムのスイッチを切ることにしました。

チャイムのスイッチを切るときに、みんなのことを思いました。

みんなはこの1週間をどう過ごしましたか。

思いがけず、長い春休みになりました。

ぜひ、普段は手にとらなかった本に手を伸ばしてみてください。

会いたい友だちとは会えなくても、本のなかの登場人物との出会いを楽しんでください。

課題が出ている学年もあるかもしれません。

分からない問題はもちろん、すぐにできそうな問題でも、いつもより遠回りして解いてみてください。

じっくりのんびり考え、寄り道することで見えてくる景色があるかもしれません。

それから、家族や身近な人との会話をいつもよりたくさんしてみてください。

近くに居すぎると、よく見えるようで、実は見えなくなることもあります。

身近な人ほど、たくさん会話することで新しい発見ができることでしょう。

人だけではありません。

心の中に発見のメガネをかければ、身近な場所でも、新しい発見があるはずです。

私もそうやって、発見のメガネをかけて過ごそうと思います。

実はこの1週間で、もう大きな発見がありました。

それは、きっと私たちは離れていても、お互いのことを考えているんだという発見です。

あの先生が、8時30分のチャイムを聞いたとき、みんなのことを思ったように、きっと同じ時間に「体操の時間だ」と考えた誰かがいたことでしょう。

時計の針が10時20分を指せば、「本当は今から20分休みだったのにな。みんなとサッカーしたいな。」と思う人が、きっといっぱいいるのだと思います。

あなたが誰か友だちのことを思い浮かべているときは、きっと誰かがあなたのことを思い浮かべています。

私たちもいつもみんなのことを考えています。

学校は休みでも、私たちはきっとお互いを思い合っています。

それがこの1週間での私の発見です。

ぜひ、この長い春休みが明けたら、みんなの発見を聞かせてください。

私はそれを楽しみに過ごしたいと思います。

桐朋学園小学校の子どもたちには笑顔が似合います。

どうか笑顔で過ごしてください。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!