桐朋学園小学校

桐朋だより

海で 6年生 岩井臨海学校 後半

遠泳本番になるはずだった3日目は、朝から雨が降り続いていました。

さらに気温、水温が下がり、遠泳の延期を判断せざるをえませんでした。

前日までの練習に手ごたえを感じていたので、安全のためとはいえ、それは悔しい判断でした。

私たちよりも、きっとみんなが悔しく思っていたことでしょう。

窓にはたくさんのてるてるぼうずがかけられました。

午後になっても不安定な天候、低い気温はあがらず、結局遠泳本番は翌日に繰り越されました。

それでも、雨が上がった少しの時間に浜にでかけ、浜あそびの時間を満喫することができました。

たっぷりの自由時間には、友だちや先生とも遊びましたね。

カードゲームでみんなにしてやられたときは、思わず大きな声をあげてしまいました。

夜はキャンドルサービス。みんなの替え歌は、翌日へのやる気を湧き上がらせたように思います。

 

そして臨海学校最終日。

朝から強い雨が降っていました。

早朝に起きて、カーテンを開ける前から聞こえる雨の音がうらめしかった。

子どもたちの安全を考え、遠泳の中止を教員全員で判断しました。

 

6年生のみんな。

実は私はみんなくらいの年のころ、泳ぐことが大の苦手でした。

水が怖い子だったのです。

きっとみんなのなかにも、水が得意な子もいれば、そうでない子もいたことでしょう。

でも、2日目の午後、君たちは足のつかない大海原で、みんなで隊列を組んで泳ぐことができました。

それは練習のなかの1ページの光景でしたが、どれだけすごいことか、私は知っています。

練習を積み重ねてきた自分の身体と、ともに泳ぐ友だちに背中を押される勇気が、海で泳ぐという不安を乗り越えさせたのです。

「だいじょうぶ、がんばれ。」

その言葉をかけながら、私は泳ぐ君たちの横顔に、あのころの自分を重ねていました。

君たちといっしょだったら、あのときの自分ももしかしたら、そんなことを感じました。

 

遠泳本番ができなかったことを、まだうまく整理ができていない人も大勢いることでしょう。

でも、私はみんなを誇らしく思います。

大海原に2列、君たちの水泳帽が並び、上下しながら泳いでいく。

響く「エーンヤコーラ」の声。

それは紛れもない遠泳の光景でした。

その光景は、君たちの努力が作り上げたものです。

だから、君たちも、胸を張って自分を誇ってほしいと、そう思います。

(7月16日・17日)

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ