桐朋学園小学校

桐朋だより

平和を考える 6年生

7月の6年生の授業で、平和について考える時間を持ちました。

国立市に住む平田さんという方の広島での被爆体験を、それを聞き取った教員が語りました。

平田さんは原爆により、お母さんと妹の2人の家族を失っています。

家族を失うつらさや理不尽さへの怒りは、時代が変わっても感じられたことでしょう。

子どもたちの感想文には平和への強いメッセージがつづられました。

 

73回目の終戦の日をむかえました。

世界に住む人々が平和に暮らせるよう、子どもたちとこれからも考えていきたいと思います。

また、ひとりの大人として、子どもたちにどんな世界を見せていきたいか、そのために自分は何ができるのか、それを考え行動したいと思います。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!