桐朋学園小学校

桐朋だより

火を見つめて 5年生 奥蓼科林間学校③

登山の日の夜はキャンプファイアーです。

火の神が山からみんなのために降りてきて、聖なる炎を分けてくれました。

燃え上がる炎に誘われて、奥蓼科の妖精?や巨大なリスもやってきて、いっしょに盛り上がりましたね。

みんなの歌には、それぞれの伝えたいメッセージがこめられていたなと思います。

 

最後に炎を見つめました。

そのとき、話し声がすっと収まり、夜の山の静寂が私たちにおとずれました。

小さくなった炎を見つめながら、あなたは何を考えましたか。

もしかしたら言葉にはうまくできない思いかもしれません。

でも、そこにいたみんなが、似たような何かを感じていたように私は思います。

 

翌日は最終日。

国立に帰る前に、尖石縄文考古館に立ち寄りました。

この付近で見つかった多くの縄文土器や、国宝の土偶が展示してあります。

5年生の生活科の土器づくりに向けた土器のスケッチを真剣に行いました。

 

みんなで大きな目標を達成することができました。

ぜひ、しおりにのっている「山から降りて来た人」の詩を読んでみてください。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!