桐朋学園小学校

桐朋だより

58期卒業制作「思い出の道」

桐朋学園小学校では、毎年6年生が「卒業制作」を作っています。卒業制作は学校のさまざまな場所に飾られ、私たちの生活の中に彩りを与えてくれています。

 

昨年度の6年生(58期)も、2020年1月の3学期から、卒業制作に取り組んでいました。新型コロナウイルスの影響により学校が休校となり、作品の完成まであと少しのところで、卒業となってしまいました。ですが、この夏、58期の卒業生たちが学校に集まり、作品の続きに取り組み、無事に完成を迎えることができました。

 

作品のタイトルは「思い出の道」です。今年国立に戻ってきた「赤い屋根の駅舎」と、「大学通りの夜景」をテーマにした作品です。

6年生の卒業制作委員会を中心に、2019年の1学期から、話し合いを重ねて進めてきました。まず初めに、6年生全員に場所についてのアンケートを行い、作品を飾る場所が「5・6年生教室へ向かう階段の壁」に決まりました。

そして、2学期に入り、どのようなテーマや素材で作品を作っていくのか、委員会で話し合いを深めていきました。その後6年生全員に「どのように作品を作っていくのか」アンケートを行った結果、58期の卒業制作は「半立体で、ドット絵の様になっているもの」が良いのではないかと、意見がまとまっていきました。「半立体」で「ドット絵」になっているもの作るために、卒業制作委員で試作を重ね、「つまようじ」を使った作品にすることが決まりました。そして、作品のテーマについても、国立に戻ってきた「赤い屋根の国立駅」、そして「大学通りのある風景」にしてはどうかと、委員会での話し合いをもとに、まとまっていきました。

3学期に入り、各クラスチームごとに分かれて、卒業制作に取り組みました。完成図をもとに、たくさんの色のついたつまようじを作ることから始まりました。多いときには、一チームで2000本近いつまようじに色をつけることもありました。その色のついたつまようじを、1本1本丁寧にさしながら、絵を作っていきました。

 

この作品では、7万本~10万本近いつまようじが使われています。「思い出の道」の前を通るたびに、一つ一つ粘り強く、作品をていねいに作る58期の姿を思い出すことになるでしょう。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!