桐朋学園小学校

桐朋だより

東天狗岳2640mの山頂へ 5年生 奥蓼科林間学校 中編

朝5時、山の清々しい朝。

何人かの教員とガイドの方で、登山へ向けた天候のチェックです。

問題なく登山に行けそうです。

空を見たときの、担任の2人の横顔には、うれしさと緊張が混じっていました。

 

5時半に起床。

眠い目をこすりながら、この林間学校の目的である登山の準備を整えます。

朝食後、6時50分すぎに出発。

いつもなら、まだ家にいる時間かもしれません。

この日は山の中にいたのです。

 

うっそうと木々が生い茂り、足元は苔むした唐沢の緑の中を、72人の子どもたちは歩いていきます。

歩き始めてから2時間以上過ぎ、ようやく黒百合平というところに着きました。

少し長めの休憩をとって、いよいよ頂上へ向かいます。

ここからは景色が一変します。

高い木々が育つことできない境界である森林限界を越えたのです。

尾根道に出ると、その景色に思わず感嘆の声があがります。

緑の山々、青い空、白い雲。

街は山の向こう側にかすかに見えるばかりです。

見渡す限りの大自然の中に、自分がいるのです。

 

両足のみならず、両手も使わないと越えられないような岩場も乗り越え、さらに前へと進み、ようやく2640mの頂にたどりつくことができました。

すがすがしい風の吹く頂上に、子どもたちの歌う清廉なエーデルワイス歌声が響きます。

みんなは何を思って歌っていましたか?

 

疲れた体を動かすために、お互いを励まし合いながら、無事に下山することができました。

登山をする前の自分と、登山を経験した自分。

それは同じ人間ですが、同じ自分なのでしょうか?

もし違うとするならば、何が変わったのでしょうか?

(7月25日)

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ