桐朋学園小学校

桐朋だより

自然と学ぶ 2年生

良く晴れた朝のグラウンドで、2年生の子どもたちがしゃがみこんで何かを拾っています。

そばに寄ってみると、それはどんぐりでした。

秋をむかえた校内には、どんぐりがたくさん落ちています。

ひとくちにどんぐりと言っても、その姿かたちは様々で、分類表を片手に、どんぐり拾いに一生懸命。

 

たくさん拾ったどんぐりが、なんと算数の時間に活躍しました。

いちあたりの量という学習で、どんぐりを使って、実際に机の上にいちあたりの量を作っていきます。

テキストで学ぶよりも、実際に自分の手を動かし、指先で触りながら学ぶほうが、理解が深まる子どもも多くいることでしょう。

何より自分で拾ってきたどんぐりです。

いつも以上に集中して授業を楽しんでいました。

 

次は工作です。

どんぐりを専用の台にセットして、きりで穴を空け、ようじや竹串をさしていきます。

あっという間に、コマややじろべえ、トトロなどに、どんぐりは姿を変えていきました。

 

秋ならではの豊かな学びがありました。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!