桐朋学園小学校

桐朋だより

平和について考える 6年生

6年生は冬休みの課題で、それぞれが平和について考え、レポートを書きました。

資料を調べるだけでなく、そこで何を考え、感じたのかを自分の言葉で綴りました。

今日は、被爆体験の語り部の伝承者として活動をする本校教員から、被爆体験の語りを聞きました。

どの子も真剣な表情で語りに耳をかたむけていました。

 

大人として、少しでも世界を平和にしていきたいと思います。

子どもたちが平和について考え、行動する人に育つことを願っています。

笑顔で始める2018年 お正月遊びの日

昨日が3学期始業式でした。

今日は全校でお正月遊びの日です。

たっぷりとみんなで遊びました。

校内に笑顔があふれます。

1年の始まりはゆったりと笑顔で始めましょう。

2018年も、みんなが健やかに成長できる年になりますように。

当たり前を支える人たち 3年生

2学期の3年生社会科の授業で、JR東日本技術アカデミーの5人の方々にお話をしていただきました。

5人は、同じ会社に勤めていますが、それぞれ役割が違いました。

運転士、車両の点検、駅舎の建築、通信・工事設計、電気工事監督。

ひとりずつ、お仕事の内容を分かりやすいスライドを使って説明してくださいました。

それだけでなく、仕事のやりがいなどを聞くこともできました。

電車通学の児童も多い本校にとって、電車は身近な存在です。

普段電車を使わない子も、遠足などの行事ではみんなで電車に乗ります。

電車は子どもたちにとって、当たり前の交通機関といえます。

今日の授業では、その当たり前を支える人たちが多くいることを知ることができました。

それぞれの人が、ひとりずつ思いを持ちながら働くことで、私たちの日々の当たり前が成り立っています。

私も誰かの当たり前を支えるひとりでいたいと思いました。

子どもたちにもそうなってほしいと思います。

これから電車に乗るときには、今日の授業を思い出してください。

あけましておめでとうございます

「あけましておめでとうございます!」

元気に飼育当番の子が教員室に入ってきます。

気持ちのよいあいさつです。

お正月も元旦をのぞき、動物の世話を当番の子どもたちが行います。

おかげで、寒い日が続きますが、動物たちは元気です。

1時間ほどで飼育活動は終わります。

 

「さようなら!」

「さようなら。残りの冬休みも元気で過ごすんだよ。」

「先生もね、良いお年を!」

「今年は始まったばかりだよ!」

朗らかなあいさつに心はあったかくなりましたが、あまりの気の早さに思わず吹き出してしまいました。

やっぱり学校には子どもたちの姿が似合います。

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
テキストのコピーはできません。