桐朋学園小学校

桐朋だより

今日は運動会

10月8日、今日は運動会です。

早朝のグラウンドは、まだ静けさに包まれています。

空を見上げると、丸い月が残っていますが、東のほうから少しずつ明るくなってきました。

昨日かかっていた雲は、ずいぶんとはれました。

運動会日和です。

赤のマスコット、レッド・ファイル・フォックスも、白のマスコット、絶対優勝パンダも、みんなの活躍を応援しています。

もちろん、きりえもんもです。

この1カ月間の練習・準備の成果を出し切ってください。

みんなでつくり、みんなが活躍する桐朋学園小学校第59回運動会が始まります。

稲刈り 5年生

春から育ててきた稲を刈る日がやってきました。

よく実り、頭を垂れている稲穂が収穫の喜びをもたらします。

昨日の間に水を抜いていた田んぼに足を踏み入れると

「ずぶり ずぶり」

やわらかい土に足がうまっていきます。

その感触に思わず声がもれます。

土のなかには小さなえびなどの生き物もいたようです。

ひとりひとり稲を刈っていきます。

自分たちで育てた稲です。笑顔があふれます。

 

これまでも畑で様々な作物を育ててきましたが、稲は特別です。

これまでのきゅうりや枝豆のように収穫してすぐに食べたり調理することはできません。

これからの作業があります。

まずは干して、その後も脱穀、もみすり、精米とやることはたくさんあります。

私たちが多く口にするお米が、どのような行程を経て食卓にのぼるのか、それを経験から学んでいきます。

 

刈った稲を干しました。

子どもたちが帰ったあと、夕日に照らされる稲を見ると、どこか懐かしい気持ちになりました。

 

さて、稲をかけている木のことを何とよぶか知っていますか?

答えは「桐の庭だより」に書かれていますよ。

授業での出来事

今日のある授業での出来事です。

子どもたちはレポートを書いていました。

レポートのテーマは子どもたちが考え、出し合い、ひとりずつ調べたいものを選んだものです。

教科書や他の資料を読み、お互いに相談をしながら、自分たちでレポートを書いていきます。

先生は、教室をゆっくり歩きまわりながら、質問にくる子どもたちに答えたり、一緒に考えたりしています。

ひとりずつが、時にお互いに関わりながら、自分のペースで学習を進めています。

気が付くと、授業の終わりの時間がせまっていました。

「残り5分だから、区切りのよい人は片づけを始めていいよ。」

そう伝えると、あちこちから

「えー!もう終わり?まだやっていたいよ。」

「あっという間だった。びっくり!」

という声が。

 

もっと調べたい。それを自分なりに表していきたい。

子どもたちの素直で知的な好奇心に出会うことができました。

注文を間違える料理店

新しい週の始まりと、新しい月の始まりが重なりました。

毎週月曜日の朝は、全校でグラウンドに並び、朝礼を行います。

1年生が真ん中に並びます。

外側に向かって、だんだんと学年が大きくなっていき、一番外側に並ぶのが6年生になります。

大きな学年が小さな学年を見守るような並び方です。

このように並んで、朝礼では校長先生の話を聞きます。

 

今日の校長先生の朝の話は、「注文を間違える料理店」を開いた小国士朗さんについてでした。

このちょっと特別なレストランの説明は、お話を聞いたみんなにお任せします。

僕が素敵だなと思ったことは、校長先生が紹介してくれた小国さんの言葉です。

「相手を受け入れる寛容な気持ちこそ、働く人にもお客にも居心地の良い空間を作るんです」

教室・学校が、この気持ちで満たされるようにしていきましょう。

運動会リハーサル

今日は朝からお昼にかけて、全校で運動会のリハーサルでした。

本番もこんな天気でありますようにと願いたくなる、晴れた空の下、みんなで本番の動きの確認をしました。

リハーサルを終え、教室に帰ると、いつもは元気な子どもたちも、暑さのせいかさすがに疲れたようです。

 

「先生、ちょっと疲れたから、休み時間を長くしてほしいです。」

「そうだね。今日はみんながんばったもんね。休みもなくリハーサルをしたから、休み時間は長くするよ。」

「やったー!じゃあ、野球に行ってきます!!」

 

結局、休み時間のグラウンドはいつものような光景になりました。

子どもたちのあふれでてくるエネルギーをうらやましく思います。

 

写真は今日のグラウンドと、昨日のお昼過ぎの風景です。

運動会に向かっている高揚と、いつもの穏やかな落ち着きと

この時期の学校はどちらの雰囲気もあり、少し特別な感じがします。

運動会を支える子どもたち

授業後のグラウンドに大きな声が響いています。

応援の子どもたちが汗を流しながら練習をしています。

 

6年生は、運動会で、ひとりひとりそれぞれの係の役目があり、応援もそのひとつです。

子どもたちみんなが運動会で種目に全力を出せるのは、目に見えないことも含め、6年生がそれぞれの役目をしっかりと果たすからです。

5年生も一緒に参加する係もあります。6年生から教わりながら、仕事を覚えていきます。

授業の時間は種目の練習が中心なるので、こうして休み時間に集まり、準備を進めています。

 

本番は、ぜひ係の子どもたちのひたむきな姿にも目を向けていただければと思います。

運動会の季節

今日から運動会特設時間割が始まりました。

これから2週間、子どもたちは毎日の体育の時間に、運動会へ向けた練習を重ねていきます。

良く晴れた空の下、グラウンドに子どもたちのかけ声が響きます。

運動会の季節がやってきたことを感じます。

 

今日は、演技種目ではなく、勝敗を競う競技種目の練習が行われていました。

桐朋学園小学校の運動会の競技種目では、身体の機敏さ、強さだけでなく、

友だちと息を合わせることや試行錯誤の工夫などが上達においてとても大切に考えられています。

これからぐんぐん上達していくことでしょう。

 

どんぐりが落ち始めたグランドで、子どもたちは日々成長していきます。

その成長を応援していきたいと思います。

 

 

クラブの時間

今年度からEnglish Communicationの時間が増え、水曜日のクラブの開始時刻が遅くなりました。

子どもたちがくたびれてはいないかとのぞきに行くと、そこでは真剣な表情を見ることができました。

本校のクラブ活動は、6年生の子どもたちが希望して、4月に立ち上げたものです。

「やってみたい!」

その気持ちから始まる活動は、自然と熱気を帯びていきます。

前期のクラブもあと少し。好きなことに没頭する時間を満喫してほしいと思います。

踊りと心を伝える

来月8日は運動会です。各学年で運動会の練習が始まっています。

中学年、高学年はそれぞれ花笠おどり、TOHOソーランを踊ります。

4年生は3年生に、6年生は5年生に、踊りを教えました。

1年前は踊りを教わる側でしたが、1年が経ち、教える側になりました。

いつも同じフロアで過ごしている仲の良い間柄です。

やわらかい笑顔がところどころで見られましたが、いざ踊りが始まると、どの子も真剣な表情で一生懸命に踊っていました。

ただ、振り付けを教えるだけでなく、運動会に向けた気持ちも伝わっていくように思いました。

当日の輝きを楽しみにしています。

連休前の一日 学校の風景

良く晴れた連休前の金曜日。

今日の学校の風景です。

おだやかでやわらかい笑顔にたくさん出会うことができました。

 

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
テキストのコピーはできません。