桐朋学園小学校

桐朋だより

新本館 実体験から学ぶ場

新しい本館にはいくつかの部屋が増えました。

そのうちの一つが実験・実習室です。

主に、理科での実験や生活科の実習を行う部屋になります。

理科室と調理室、実験・実習室には子どもたちが実体験を積むための準備がそろっています。

目で見て、においを感じ、舌で味わい、手で感触を確かめていく、そのような授業を大切にしていきたいと考えています。

 

踊り 心の伝授

来月9日は運動会。

すでに練習が始まっています。

4年生は3年生に花笠おどりを教え、6年生は5年生にソーランを教えました。

「自分が踊るよりも教えた子が踊るときのほうが緊張した。

でも、ちゃんと踊っている姿を見てほっとした。」

そんな声が聞こえてきました。

これから一緒に練習を重ねていきます。

本番では心を一つに踊ることでしょう。

今から楽しみです。

 

新本館 ホームルーム

9月から子どもたちの過ごす新本館。

ふんだんに使われた木の温かみに教室は包まれています。

ロッカールームには大きなテーブルが置かれグループでの活動に活かされています。

1組と2組の教室の間にあるワークルームでは、クラスが混ざって楽しく遊ぶ姿が見受けられます。

柔らかい雰囲気の教室ができました。

十人十色の百花繚乱 夏休み作品展

夏休みの作品展はいよいよ明日までです。

今年は例年以上に多岐にわたる趣向を凝らした作品が並びました。

夏休みのそれぞれの苦労がうかがえ、同時に、興味の赴くまま取り組んだことが感じられます。

低学年の子どもたちが上級生から解説を受ける場面が多く見られます。

子どもたちから子どもたちへ、作品への思いが伝わっていきます。

 

探究の成果 夏休み作品展

本日より本館多目的ホールに子どもたちの夏の自由研究の作品が並んでいます。

様々な作品からは、子どもたちの幅広い興味の持ちようが伝わってきます。

文章で表したものや作品として創り上げたもの、実際に触れて体験できるものと

表現方法はそれぞれですが、そこに自由研究の意味があると考えています。

何を題材に選び、どのように探究していくか。

自己選択自己決定の自由がそこにあります。

自由ゆえの難しさもあったことでしょう。

金曜日のお昼まで保護者の方にも公開しております。子どもたちの力作をぜひご覧ください。

安心・安全な学校生活のために 防災訓練 引き取り訓練

新学期始まって2日目の今日、子どもたちの安心と安全のための時間が多くとられました。

まずは防災訓練です。

昨日から新本館での生活が始まりました。

そこで新たな校舎からの避難経路を確認するために行いました。

次に行われたのは地域別保護者会です。

これは、児童の住む地域ごとに作られたグループの保護者同士による交流や意見交換の場です。

本校は様々な地域から子どもたちが通っています。

クラスや学年を越え、近くに住む保護者同士がともに子どもを見守っていく。そんな関係性をつくるきっかけとなってほしいと思います。

最後に引き取り訓練が行われました。

天災などで児童のみで帰宅させることができないと判断したときの際の、保護者が子どもを引き取るための練習です。

平日の日中という非常に忙しい時間にも関わらず、大変多くの保護者の方に参加いただきました。

これからも、学校と保護者、そして子どもたち自身の協力で、子どもの安心と安全を守っていきたいと思います。

新校舎のパイオニア 2学期始業式

長い夏休みが終わり、2学期が始まりました。

休み中はがらんとしていた校舎のあちらこちらに、久しぶりに子どもたちの大きな声が響きました。

騒がしいほどの歓声が、なぜか耳に心地よく聞こえました。

学校にいつもの風景が戻ってきました。

でも、今年の始業式は特別でもあります。

それは、今日から新校舎での生活が始まるからです。

新校舎の魅力を見つけ創っていく。新校舎のパイオニアをみんなで目指していきましょう。

稲の花

5年生が育てているバケツ稲に花が咲きました。

まだ青い稲穂の先につく、はかなげな白い花。

目立たない花ですが、良く見ると、とてもかわいらしい花です。

実りの秋の前の、小さな小さな美しさです。

夏の飼育当番

夏休み中も、4年生が、学校の動物の世話をしに交替でやってきます。

久しぶりの再会に、子どもたちは笑顔。それを固まらせるのは先生のひとことです。

「宿題はどう?」

様々な反応を子どもたちは見せます。

「もう終わったよー!」笑顔の子もいれば

「あと自由研究が残っているんだ。」ちょっとうつむきがちな子

「まだ半分以上残ってるぜー!!」なぜか一番元気な子。

 

夏休みは子どもたちのものです。

宿題はそれぞれのペースでいいのでしょう。

それよりも、残り一週間となった夏休みを、目いっぱい楽しんでほしいと思います。

蝉の声

台風一過で青く澄み渡った夏の空の下、緑あふれる学校のあちらこちらから、蝉の声が聞こえます。

もうしばらく、にぎやかな声の主役は、蝉に譲っておきたいと思います。

学校の夏の風景です。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
テキストのコピーはできません。