桐朋学園小学校

桐朋だより

6年生 修学旅行 【4日目】

旧開智学校~国宝松本城~りんご狩り~国立へ
松本市内にある旧開智学校の入口に、「智を開き、才芸を長ずる」と書いてあります。修学旅行で訪れるに相応しい場所です。明治9年に完成した建物は、和風と洋風を組み合わせた大変立派なものでした。

国宝松本城、大変に堂々とした佇まいで、美しさに目を見張ります。自分の好きな場所からスケッチし、その後、場内を見学しました。お土産を買える最後の場所だったこともあり、売店は長蛇の列でした。

修学旅行最後のお楽しみはりんご狩り。本来は初日の予定でしたが、今年度は最終日に変更となりました。まずは各自、好きなりんごを一つ取って友だちと分け合い、味見をしました。その後、気に入ったものを一つ取り、お土産に持ち帰ることにしました。

9月には御嶽山の噴火による心配、そして直前の台風19号による変更等ありましたが、大満足の3泊4日になりました。(10月17日)

6年生 修学旅行 【3日目】

奥飛騨~安曇野ちひろ美術館~アルプスあずみの公園~松本市内
奥飛騨から松本への移動日。まずは安曇野ちひろ美術館を見学。アルプスあずみの公園では、学年全員で大手つなぎ鬼大会が行われました。その後はグループに分かれて自由行動。公園内のレストランではソフトクリーム売り切れ、というトラブルが発生。しかし、普段は味わえないジュースで乗り切れました。

夜は恒例のお楽しみ会。大きな2つの輪を作ってのハンカチ落としをかわきりに、出し物やビンゴが行われました。最後はジャンケンジェンカをして、全員が一つの列に繋がりました。(10月16日)

6年生 修学旅行 【2日目】

浦島先生の特別授業~上高地ハイキング
6:00起床。朝食の前に浦島先生の特別授業。日本国内では、上高地と北海道にしか生息していない「ケショウヤナギ」について学び、上高地ハイキングに出発しました。

大正池からは美しい焼岳と穂高連峰を臨み、スケッチをしました。木道を歩きながら聞こえてきた子どもたちの声。「みや林と似ているね」「学校と同じじゃない…」日々の幸せを実感したひとときでした。かなりの冷え込みの中、梓川沿いの道、約10kmを超えるハイキングの途中、野生のニホンザルに出会えたことも嬉しい思い出の一つとなりました。

上高地への入口のトンネルには、タイヤを洗うための水が流されています。山の自然を守る努力が徹底されていることも学ぶことができました。(10月15日)

6年生 修学旅行 【1日目】

一橋大学前集合~奥飛騨の宿へ
台風19号の関東地方への直撃が予想されていたため、出発4日前に急遽「特急あずさ号」を諦めてバスに変更。集合時刻も遅らせて、小学校最後の宿泊行事がスタートしました。

子どもたちはバスの中から喜色満面。車内で昼食をとり、途中で休憩を入れながら、無事に奥飛騨の宿に到着しました。これまでの宿泊行事では経験したことのない中居さんのいる宿です。

夕食後、ミーティングを行い、明日の予定・行程を全員で確認して就寝しました。(10月14日)

土器作り 【5年生】

7月の奥蓼科林間学校最終日、長野県茅野市にある尖石縄文考古館に立ち寄り、展示されてる縄文土器をスケッチしました。そのスケッチを基に、オリジナル土器作りに取り組みました。粘土の輪を積み上げて丹念に形を作り、縄や貝殻などで思い思いの文様を付けました。

この後、完成した土器を約一か月間かけて陰干しし、11月半ばに理科園で「野焼き」を行います。(10月16日)

第56回運動会 「開会式・競技種目」

台風一過の晴天となった10月7日(火)、第56回運動会を実施しました。今年度の運動会は延期が続いた結果、平日の開催となりました。

午前9時、赤白の旗を掲げた応援団長に続き、選手団長・全校児童が入場行進し、開会式です。

その後、応援団をはじめとする全校児童、そして保護者の方々の盛んな声援の下、熱戦が繰り広げられました。
【各学年競技種目】

 1年生: 「かけっこ」「ゲラゲラポンポン」「ありと像(vs教員)」

 2年生: 「リングリレー」「あっちへこっちへゴロゴロゴロ」

 3年生: 「1秒でも速く~あなたのもとへお荷物を~」「全員リレー」

 4年生: 「脚が8本、心はひとつ」「全員リレー」

 5年生: 「TOHOへDASH」「息を合わせてぶつかれ大玉!」「全員リレー」

 6年生: 「絆をつないで勝利の道へ」「息を合わせてぶつかれ大玉!」「全員リレー」

 1~6年生: 「つなひき(低学年・高学年)」

 各クラス選抜: 「選手リレー」

 PTA競技: 『童心』大玉おくりん (得点種目ではありません)
最終競技「高学年つなひき」の一回戦は、縄がジリジリと赤白交互に動き、子どもたち一人ひとりの思いの強さが伝わる名勝負となりました。

第56回運動会 「演技種目・閉会式 等」

☆1・2年生 「ココロの地図」

この曲がすっかり気に入り、休み時間も音楽をかけて、踊って楽しみました。4色の鮮やかなポンポンがひき立つ大きな動きが印象的でした。
☆3・4年生 「花笠音頭」

一人ひとりが飾り付けた花笠を手に笑顔で登場。息の合った鈴の音と掛け声がグランドに響き渡りました。
☆5・6年生 「桐朋ソーラン2014」

ニシン漁をイメージした力強い前半部分から、その「ソーラン節」を基調としながらも鳴子を加え、躍動感溢れる「よさこいソーラン」へ展開していきました。赤と青のハッピを纏い、渾身の演技を披露しました。
☆全児童・卒業生・保護者・教員 「フォークダンス」

運動会の最後、勝負を忘れ、コロブチカとジェンカを楽しみました。
… そして閉会式。

得点発表から始まった閉会式。今年度は白組の優勝でしたが、お互いの健闘を讃え合い、第56回運動会は幕を閉じました。

第56回運動会にむけて⑤ 「旗・門飾り」

桐朋学園小学校の運動会を彩るのは、子どもたち一人ひとりの旗です。図工の時間に、1・3・5年生が作製し、運動会当日は、全学年の旗がグランドに飾られます。

小学校通用門と南門の門飾りを担当するのは4年生。花笠、大玉、リレー、鳴子…、また楽しみの一つであるお弁当も飾りの中に登場し、子どもも大人も心が浮き立ちます。

運動会当日は、秋空にはためく旗とアーチ状の門飾りにもぜひ注目してください。

第56回運動会にむけて④ 「係の準備」

桐朋学園小学校の運動会では、6年生は「一人一役」として仕事を担います。その中で、マスコット係・放送係・新聞報道係など、事前の準備や練習、打ち合わせが必要な係は、既に活動を始めています。

明日は予行練習。気持ちが一段と引き締まります。

第56回運動会にむけて③ 「全校練習」

10月5日(日)の運動会に向けて、学年・ブロックごとの練習に熱が入っていますが、全校児童が関わるものの練習として「全校練習」を行い、開会式で歌う『小学校の歌』、準備体操『桐朋体操』の練習、そして応援団エール交換・応援合戦の練習をしました。

歌の練習では、声を遠くへとばすこと、体操では身体の動きのポイントを意識すること、エール交換・応援合戦では、自分たちのチームだけではなく、赤・白互いの健闘を讃え合い、全員で運動会を楽しむことを確かめました。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
テキストのコピーはできません。