桐朋学園小学校

桐朋だより

プール開き

6年生が掃除をし、水の張られたプールを全校児童で一周しました。マグロの回遊速度と呼吸の仕組みに驚きの声をあげたあと、歩く、走る、泳ぐ、そして止まる(思考する)ことができるのが、人間の特技という校長先生のお話に、6年生は岩井臨海学校・遠泳への思いを確かにしました。(5月19日)

ラジオ体操 【1,2年生】

月曜日から木曜日、毎朝行っているラジオ体操を、2年生がペアの1年生に教えました。見本を示したり、プリントを読んで説明したり…。1年生も楽しみながら練習できました。(5月12日)

小学校の水はどこから? 【4年生】

1学期の社会科『健康なくらしを守る仕事』の単元では、日々の生活の中で欠かすことのできない「ごみの処理」と「きれいな水の確保」を中心にして、多くの人々の工夫や努力によって、私たちの安全で健康的な生活が守られていることを学習します。

今回、中高敷地内にある、深さ150mの井戸から汲み出された水が、新校舎地下にできた最新の浄化システムによってきれいにされ、小・中・高校校舎にそれぞれ送られる仕組みを見学しました。

管理している施設課職員の方の説明から、様々な工夫や努力がなされていることを知り、一人ひとりが水に対する意識を新たにしました。(5月1日)

1・5年生 親睦遠足

小学校最初の遠足ですが、いつものお兄さん、お姉さんといっしょだから安心です。昭和記念公園の空の青さとともに、このあたたかい記憶が1年生の心に残ることでしょう。(4月25日)

学校案内 【1,2年生】

みや林、飼育小屋、心の泉など、すでに2年生にはお馴染みの場所を1年生に案内しました。

草や木のこと、生き物のこと、遊びのことなど、2年生の言葉一つ一つに、1年生はわくわくしながら耳を傾けました。(4月22日)

生活科「土作り」 【3年生】

夏野菜作りの季節がやってきました。

畑の土作りをするのは、毎年3年生の仕事です。裸足になって、畑の中に踏み入れると…、

「ふわふわだぁ。」「気持ちいい!」

土の感触を楽しみながら、堆肥や鶏糞などの肥料をまき、栄養たっぷりの畑ができました。(4月17日)

一年生送り

5年生のお兄さんとお姉さんがいるから、楽しい楽しい帰り道です。創立以来続いてきた桐朋のバトンがまた一つ、手渡されました。(4月11~18日)

第56回入学式 【58期生】

しばらく間、下校に付き添ってくれる5年生に名札を付けてもらい、桐朋学園小学校での生活がいよいよ始まりました。これからどんな毎日が待っているのでしょう。(4月10日)

52期生 卒業制作

52期生の卒業制作は、『夢と希望をのせて大空へ』という作品です。

6年生は、3年前の東日本大震災の記憶を作品として残したいと考えました。震災後に児童会で募金を集め、岩手県宮古市の田老第一小学校に花の苗を贈る活動を続けていることから、作品のテーマは花です。

色砂の砂絵で色とりどりの花を表現し、未来への希望、平和への願いを込めた折り鶴を紙粘土のレリーフで表現しました。

3月14日(金)の卒業式開式前に除幕式を行いました。

「昔さがし」 特別授業 【3年生】

3学期の社会科では、昔のくらしの様子について学習し、毎年そのまとめとして、くにたち郷土文化館に出かけ、見学や体験学習を行なっています。ところが今年度はインフルエンザによる学年閉鎖のため、残念ながら見学を見合わせざるを得なくなりました。

その連絡をしたところ、郷土文化館のご厚意で学芸員の方が来校し、「特別授業」をしてくださることになりました。国立市ができた頃の様子のスライドや、実際に使われていた道具(灯り)を見せて頂きながら、様々なお話を伺いました。

短い時間でしたが、当時の生活の一端を感じることができ、充実したひとときになりました。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
テキストのコピーはできません。