桐朋学園小学校

桐朋だより

第55回入学式 【57期】

一年生送りをする5年生はもちろんのこと、学校の皆がこの日を待っていました。担任の先生が一人ひとりの名前を呼び、1年生が元気に返事をしました。

51期生 卒業制作

桐朋学園小学校創立以来続いている「卒業制作」。51期生の卒業制作は、『桐朋・思い出のパズル ~四季の組み木絵~』という作品です。6年間の思い出から4つの場面を選び、様々な木の色や木目を生かして制作しました。3月14日(木)、卒業式開式前に披露式を行いました。

一年生送りのペアで会食をしました

昨年、送った2年生一人ひとりに好みを聞き、6年生が生活科の時間にサンドイッチを作りました。久しぶりにゆっくりと話し、和やかなひとときを過ごしました。

発表会(5年生)

子どもたちの創作した劇のテーマは、「認め合い」「思いやり」「協力」、友情は深まるのでしょうか。

発表会(3年生)

しょうじょう寺をめぐる和尚とたぬきのかけ引き、丸を嫌がり四角を好む王さまのゆくえは。

発表会(1年生)

人間の子どもとかみなりの子ども、ねことあほうどりが出会い、さて仲良くなれるかな。

EC(English Communication)交流会

6年生2回目の交流会では、グループに分かれてネイティブの方々に、学校内の施設や卒業制作を御案内しました。子どもたちは、それぞれ伝わったという実感を持てたようです。

冬の風物詩 ~ なわとび ~

3学期になると、休み時間にあちらこちらで縄跳びをする子どもたちの姿が見られます。縄跳び台の前には、お互いの跳び方を見つめながら順番を待つ列ができます。

書き初め

書き初めが並びました。

3年生は「お正月」を、4年生は、それぞれに、これと思うものを書きました。冬休みのひととき、習字の授業を思い出しながら、気持ちを込めて一画一画丁寧に、筆を運んだ様子がうかがわれます。

国際理解教室

今年度は韓国からの留学生の方による御案内で、4・5・6年生が「韓国への旅」を楽しみました。衣食住に渡り、日本とのつながりの深さを感じる時間となりました。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ