桐朋学園小学校

桐朋だより

「怪人50面相~狙われた心」「魔法教室と団結の石」発表会③

5年生はクラスごとの発表です。どちらのクラスも脚本から自分たちで創り上げた創作劇を演じます。

 

1組の劇は、衝撃作。

誰もが時に抱く気持ちの隙間を、怪人50面相は狙います。

真っ暗な中で響く、「お前の心はいただいた」のセリフには、思わず背筋がひんやり。

クライマックスの少年探偵団と怪人50面相が対峙するシーンに、胸を熱くし、心を取り戻すシーンに、見ていて勇気をもらいました。

 

2組の劇のように、魔法が使えるようになることは、みんなも一度は思い描いた経験があるのではないでしょうか?

劇では魔法のせいで、クラスがもともと持っていた絆が失われてしまいます。

でも、その絆が失われるシーンでさえ、どこか仲の良さが見え隠れしていたのは、いつものクラスの雰囲気が透けて見えたのかもしれません。

最後の歌は、美しく響き、会場を包みました。

「そばにいて寄り添ってくれる」

これが今年の発表会全体のテーマだったように思います。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
テキストのコピーはできません。