桐朋学園小学校

桐朋だより

ふわふわを糸にする 4年生 羊の毛

4年生は、5月の西湖湖畔学校で刈ってきた羊の毛を、1学期の生活科の時間に手作業で糸にしていきました。

 

まずは洗い。

自然のなかで育った羊の毛には、肌から出る油に糞、それから草などがからんでいます。

ふわふわに見えても、さわってみるとべたべたするのです。

「くさいし、べたべたするよ。」

子どもたちのつぶやきが聞こえてきます。

それをていねいに洗い、ほぐしてきれいにします。

洗い終わると、見違えるようにきれいになった羊の毛があらわれます。

手触りは、これぞ思い描いていたふわふわ。

「わあ、ふわふわだあ。」

 

かわかした羊の毛を、次はカーダーという道具を使って毛の繊維をそろえるカーディング。

ふわふわの毛がなめらかになっていきます。

 

子どもたちが今挑戦していることは、糸つむぎ。

なめらかになった羊の毛を道具を使ってつむいで、糸にしていきます。

羊の毛から糸に。これが難しい。

ひとつずつの工程を自分の手を使って行っていきます。

 

目的は織物を作ること。

2学期も生活の時間を使って、作業を続けていきます。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ