桐朋学園小学校

桐朋だより

創りあげた表現 発表会後半

発表会後半。

5年生は2クラスとも、自分たちで台本づくりから始める創作劇に挑戦しました。

 

1組は「鈴のなる時 ~人々の命を思う優しい心から平和が生まれていく~」。

谷保に今もある南養寺に、戦時中、区内から疎開してきていた小学生がいたという史実をもとに、物語が進みます。

現代と過去が折り重なりながらすすむ重厚な物語。

お話の鍵となるのは、さつきを思わせるスズです。

スズの動きの表現には驚かされました。

平和をテーマにした劇を子どもたちが作ったことを誇らしく思います。

 

2組は「3人のゼツメツ少年 ~ぼくたち今から居場所をさがします~」。

重松清さんの原作をもとに、子どもたちが編んだ物語。

どこかで見たような教室風景から舞台は始まります。

自分の「居場所」というテーマは、子どもたちにも私たちにも考えさせるテーマでした。

主人公たちの口にする「居場所」。

物語の途中で、その意味が変わったことに気づいたとき、大きな勇気をもらいました。

 

舞台にあがり演技をする役者だけでなく、照明や音響、演出も子どもたちが務めました。

すばらしい創作劇でした。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!