桐朋学園小学校

桐朋だより

イノベーターに出会う 4年生

4年生社会科では、郷土の発展につくした人として、多摩川上水をひいた玉川兄弟について学びました。

この日の授業では、今、社会をよりよくしようとしている現代の玉川兄弟として、若き起業家である井上雄介さん、須知高匡さんを招き、ご自身の事業と目指す社会についてお話をしてもらいました。

井上さんは、ダチョウが作る抗体を食品に添加することで花粉症などを減らしていくことを目指しています。

また、冬に目の当たりにしたインドの貧困を解決するため、新たにテーラーメイドのスーツを作る会社も立ち上げました。

須知さんは、より快適で安全な交通手段として、自走型のロープウェーの開発をしています。

さらに、最大の目標として、宇宙エレベーターの開発を挙げています。

 

夢のようなことを、しっかり現実に手繰り寄せようと、ひたむきに楽しそうに努力している大人の話は、子どもたちにどう響いたでしょうか。

「私たちひとりひとりには、社会をよくしていく力がある」そんな実感を少しでも持てたならうれしいです。

現代の玉川兄弟に出会う学習は、来週も続きます。(1月29日)

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ