桐朋学園小学校

桐朋だより

ふわふわは一日にしてならず 4年生 羊の毛

5月の西湖湖畔学校で刈ってきた羊のトマトの毛

4年生の生活科では、それを使って様々な活動を行い、最終的には織物を作ることを目指します。

羊の毛と言えば、あのふわふわの手触り…

なのですが、実は刈ってきたままの羊の毛の手触りはそうではありません。

「うわあ、ごわごわする!」

「なんだかベタベタだ。」

子どもたちの想像とも違っていたようです。

 

最初の活動は羊の毛を洗うこと。

毛にからみついた細かい汚れや土ぼこり。

それを、毛を傷つけないように優しくとっていきます。

毛についた油、ラノリンオイルは独特の手触りがします。

これはぬるま湯につけて落としていきます。

 

今は、カーダーという道具を使って、さらに細かいごみを落としながら、毛の繊維をそろえています。

これがうまくいくと、ふわっふわのあの羊の毛の感触がようやくうまれます。

「きもちいいー!」

そんな声が聞こえてきました。

 

羊の毛を使った学習はまだまだ続きます。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!