桐朋学園小学校

桐朋だより

あまい香りに包まれて アップルケーキづくり 3年生

1月の学校は、あまい香りでいっぱいになりました。

それは、3年生がつくるアップルケーキの香りです。

 

くだものナイフを使って、りんごの皮をむきます。

カーブにそって、親指に向かいナイフの刃を動かしていきます。

自分の指に向けてナイフを近づけていくことは、子どもたちにとっては、とっても緊張すること。

どの子も真剣なまなざしで、ちょうどよい力の入れ方を試しながらゆっくりナイフを動かします。

丸いりんごの皮をむくことで、手先の感覚は磨かれていきます。

手伝いに来てくださった保護者の方の助けもあり、見事に皮をむくことができました。

 

重さを量ってまぜあわせた生地の上に、いちょうのかたちになったりんごを並べて、温めておいたオーブンに入れます。

しばらくするとオーブンから、あまーい香りがただよってきます。

その香りは調理室のドアをすりぬけ、学校中をめぐっていきます。

気がつくと、調理室のドアの窓から上級生が中をのぞいていました。

「このにおいなつかしい。おいしかったよなあ。」そんな声が聞こえてきました。

 

「あー、なんだかあまいケーキが食べたい気分だなあ。」

大きな声でつぶやいてみました。

「だめだよ。分けてあげないよ。このおいしいケーキはぼくたちで全部食べるんだから。」

肩を大きく落とし、教員室に帰ります。

 

教員室の机の上には、手紙とケーキが置かれていました。

おなかも胸もいっぱいになりました。ごちそうさまでした。(1月16日・25日)

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!