桐朋学園小学校

桐朋だより

運動会④ 尊敬と共感の糸で編まれた運動会

運動会の様子について、最後に紹介したいのは、6年生を中心とした係の児童の姿です。

いつもより早めに登校した係の子どもたちは、誰かからの指示を待つことなく

役目である自分たちの仕事を始めました。

当日、運動会を見に来てくださった方の視線やカメラの先は、おそらく演技や競技に

一生懸命に打ち込む子どもたちに向けられていたことでしょう。

しかし、運動会の成功に向けやるべきことを考えながら動く係の子どもたちも同様に一生懸命でした。

 

開会式のあいさつで片岡校長は、沖縄の綱引きの話を引用し、こう結びました。

「巨大な綱を編むように、お互いの尊敬と共感の糸で、運動会を編み上げていきましょう。」

みんなは運動会を編み上げることができた、そう心から思います。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
テキストのコピーはできません。