桐朋学園小学校

桐朋だより

戦争の記憶を聞く

3年生・4年生の社会科の授業では、「戦争の記憶を聞く」という授業が行われました。

夏休みに、自分にとって身近な人の戦争体験を聞き、それを作文にするという特別課題が出されました。

やりたいという気持ちだけでできる課題ではありませんし、何より話してくださる方の気持ちを考えることが大切です。

難しい課題でしたが、それぞれのクラスで数人ずつの子どもが提出しました。

 

今日は発表です。

作文で読まれる話は、つらく苦しく、時に耳をふさぎたくなるような残酷な場面もありました。

でも、それは、目の前に立つクラスメイトのおじいさん、おばあさん、親族の方が実際に経験した本当にあったことです。

 

「『戦争を二度と起こさないために、まずできることは、戦争のことを知ることだから。』そう言っておばさんはつらい話をしてくれました。『ほかの人にも伝えてね。』」

ある子どもの作文に書かれていたことです。

子どもたちは今日の授業を経て、何を考えたでしょうか。

また、私たちには何ができるでしょうか。

子どもたちに問いをゆだねる前に、まずは自分がやらねばならないことを考えていきたいと思います。

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!