桐朋学園小学校

桐朋だより

2640メートルへの挑戦 5年生 奥蓼科林間学校②

この日は5時半に起床です。

寝ぼけ眼をこすりながら体を起こすと、窓の向こうから鳥のさえずりが聞こえてきます。

山の朝です。快晴とはいきませんでしたが、雨は降っていません。

宿の方が用意してくださったお昼ご飯をザックに詰め、準備体操を終えたら、出発です。

 

前日までの雨のせいで、山道に転がる岩が濡れ、すべりやすくなっていたので、慎重に足を置いていきます。

緑の木々や岩につく苔が、朝もやの向こうに浮かび上がっていて、とても幻想的です。

 

出発から3時間近く歩いて、ようやく中腹の山小屋につきました。

標高は2000メートルを越えました。

途中、岩場がありました。両手も使って、へばりつくように登っていきます。

岩場のてっぺんに立つと、周りの景色が がらっと変わりました。

私たちを囲んでいた背の高い木々はもうありません。

視線をあげてあたりを見渡すと、空と雲しか目に入ってきません。

目の前の分厚い雲が風に流されて、ほんのひと時向こうの山の峰が見えました。

雲を突き抜けるようなその姿に、驚きのため息が聞こえてきます。

自分の足で登ってきたからこそ見えた風景です。

 

登山が得意な子もいれば、そうでない子もいます。

「がんばろう。待っているから大丈夫だよ。」

友だちにそんな声をかける子も。

「だんだんと登るコツみたいなの、分かってきた。」

うれしそうな顔。

「もう限界だよ。疲れた。」

「いっしょに登ろうよ。ここまでがんばったんだから、頂上まで行こうよ。」

「うん。ありがとう!」

昨日のガイドの方の言葉が思い出されます。

 

頂上に着きました。

この時の気持ちはぜひ、5年生本人に聞いてみてください。

標高2640メートルの山頂で、子どもたちの「エーデルワイス」の歌声が清廉に響きました。(7月27日)

COPYRIGHT © 2017 TOHO GAKUEN PRIMARY SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED. ページトップへ
error: Content is protected !!